188体育图片 inbody">

閉じる

共通メニューなどをスキップして本文へ

ENGLISH

メニューを開く

弦楽専攻

多くの演奏経験を積み 作品が持つ「真の美しさ」を表現できる演奏家を目指す

教育目的

授業風景

将来、演奏家として社会に貢献できる人材を育てることを目標にしています。そのために、演奏技術や表現法のほか、さまざまな知識と知恵を身につけた上で、どの作品も自らの力で解釈し、演奏できる能力を養っていきます。

在学中にできるだけ多くの演奏経験を積むことで、音楽作品への理解と共感を深め、作品が持つ“真の美しさ”や自身が得た音楽の感動を世の人々に伝えられる表現力を培います。
このため、入学後、前半2年間では、演奏技術や表現法の基礎力の徹底を図り、後半2年間では、ソリストとして、また室内楽やオーケストラ奏者として、どの分野にも要求される高度な演奏技術と表現力、そして高いアンサンブル能力を身につけることを目指しています。

4年間の実技カリキュラム

授業風景

弦楽専攻では、各々の個人レッスンで演奏上の基礎テクニックと表現法を修得し、室内楽、弦楽合奏、オーケストラの授業を通して合奏能力を身につけます。

年2回の独奏による実技試験のほか、各クラスで自発的な試演会も行います。また、オーケストラの定期演奏会が京都コンサートホールにおいて年2回開催され、ほかにも学内外で多数の演奏会に出演する機会があります。

1年次

基礎技術の確認。古典派を含む弦楽器のための作品の修得。

2年次

バッハの無伴奏曲などを含む弦楽器のための作品の修得。

3年次

協奏曲とオーケストラ伴奏による独奏曲を含む弦楽器のための作品の修得。

4年次

4年間の集大成として、広範囲にわたる弦楽器のための作品の修得。

科目一覧(現1回生用)

PDF[105KB]ダウンロード

在学生の声

?

さまざまな形態のアンサンブルが経験でき、視野が広がります。

山田 円香さん(弦楽専攻4回生)

国内外で活躍される先生方にご指導いただきながら、バロック音楽から現代音楽に至るまでさまざまな音楽を学ぶことができます。

その中で、ソロの演奏技術や表現力を磨くだけでなく、オーケストラや弦楽合奏?室内楽の授業も履修でき、さまざまな形態でのアンサンブルの経験を積むことができます。室内楽の授業では、専任の先生以外のレッスンも受けることができるため、いろいろな角度からの新たな発見や学びを得ることができます。

オーケストラや室内楽で演奏する機会をたくさんいただいたことで、仲間と演奏する楽しさを実感するだけでなく、周りからの刺激を受け、自身のソロ演奏を勉強する際の視野も広がったと感じています。

恵まれた環境の中、尊敬する先生方の元で音楽を勉強することができるこの京都芸大に入学できたことをとても嬉しく思います。

授業に関連した専攻での活動について

ウエスティ音暦

専攻の活動

地域への文化芸術の還元、地域文化への寄与、市民に対する良質な音楽の提供を目的として、京都市西文化会館、京都市音楽芸術文化振興財団との共催により、「ウエスティ音暦」と銘打ち実施しています。2010年度から、年2回のうち1回を弦楽専攻が担当しています。

188体育

非常勤講師(実技)一覧

ヴァイオリン

  • 泉原隆志
  • 江口純子
  • 大谷玲子
  • 黒川 侑
  • 西尾恵子
  • バブアゼ?ギオルギ

ヴィオラ

  • 小峰航一
  • 細川 泉

チェロ

  • 福富祥子

コントラバス

  • 西口 勝